Amazon Prime MusicをUPSAMPLINGして高音質で聴く

NET-AUDIO

最近はAmazon Music HDやmora qualitasなどハイレゾストリーミングサービスが増えてきています。名前は何となく聞いたことはあるのですが、なにせPoor Audioなので、毎月定額の料金を支払う必要があります。サービス単独では1000円位で大した額ではないのですが、チリも積もれば....家計が苦しくなってきます。

なので、今回は

Amazon Prime会員(料金そのまま)でAmazon Prime Musicの音楽を高音質で聴けないか!

考えてみました。

というか、上記タイトルは後でとってつけたタイトルです。しばらく更新がないので何かブログのネタはないかと考えておりました。

毎日暑い日が続くので、エアコンで涼んで久しぶりに音楽を聴こう!音源はAmazon Prime Musicで聴こう!せっかくなのでオーディオルームのメインのシステムで聴こう!と考えました。

いつもはAudio専用PC内の音源からDAC⇒真空管LINE AMP⇒プリメインアンプ⇒スピーカー 経由で出てくる音を楽しんでいます。

Amazon Prime Musicは次のような2つの環境で聞いてています。

①作業用のWindows PC+USBデジタルアンプでBGMとして聞き流すケース。PCも含めたシステム構成価格は約3万円くらい

➁MAC+安物DAC+中華デジタルアンプでBGMとして聞き流したり、ちょっと腰を据えて聞きこむこともある。MACも含めたシステム構成価格は約13万円くらい

今回は第3のケースとしてメインのオーディオシステムでAmazon Prime Musicを聞くことにします。Audio専用PCでAmazon Prime Musicを聴くのは、おそらく初めてではないかと思います。なぜなら、今までは出てくる音に期待をしていなかったためです。

 

Amazonの音楽配信には次のようなサービスがあります。

Amazonプライムミュージック

配信数 200万曲以上

音質 320kbps。 標準音質(SD)。ロッシー圧縮。

特典 Amazonでの買い物の配送料0円。Amazon Videoでの映画・TV番組見放題。

 

Amazon Music unlimited

プライム会員の私の場合、追加で月額780円の出費。

配信曲 6,500万曲以上

音質 標準音質(SD) 320kbps。ロッシー圧縮。

音楽以外の特典は無し

Amazon Music HD

先のAmazon Music unlimitedに加入している必要があり。プライム会員の私の場合月額1780円の出費(Amazon Music unlimited加入費を含む)

配信曲 6,500万曲以上

音質 高音質(HD) 850kbps。16bit/44.1KHz。ロスレス。

   ULTRA HD 3730kbps。24bit/192KHz。ロスレス。

音楽以外の特典は無し

 

Amazonプライムミュージックはビットレート320kbpsで音質はSPE的にCDの音質よりも若干劣るようです。

 

UP-SAMPLING可能なDACであればドライバーや環境の設定をすべし!

今回の、オーディオシステムではUP-SAMPLING可能なDACである、Topping D10を使用しています。

Windwos10用のドライバー、ソフトをインストールするとソフト的にサンプリング数が24bitまたは32bitに変更できます。

量子化 bit数


24bit


32bit


参考:CD 16bit


サプリング周波数


96KHz


44.1KHz


44.1KHz


ビットレート(2CH分)


4608   Kbps


2822.4 Kbps


1411.2 Kbps


何もしなくても、UP-SANPLINGされいるようです。ビットレートもAmazonプライムミュージックが320Kbpsに対し最低でも8.8倍以上のビットレートで処理しているようです。

量子化bit数 24bitの場合

量子化bit数32bitの場合

 

音質の評価

UP-SAMPLINGなしとの相対的な比較ができないのが心苦しいのですが、単独、絶対的な評価としては音源が230ppsのAmazonプライムミュージックであっても結構いい音しているな!という印象です。

DAC側でUP-SAMPLINGしている事が音質向上に寄与しているのだと思います。

24bit 96KHzと32bit 44.1KHzとの音質の違いは

聴きようによっては24bit 96KHzの方が良く聞こえたり32bit 44KHzの方が良く聴こえたりで客観的に見るとどちらも同じで聞き分けることができないのかもしれません。特に私の耳では!

理論的には情報量として4608Kbpsとビットレートの高い24bit 96KHzの方が音が良いように私は考えるのですが、音の大きさをを32bitで表現する事ができる32bit 44KHzの方がほんの少し音が良く感じる事もあります。

微妙な違いなので評価が2転3転するのかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました