Topping D10 レビュー

DAC

2018.11.9 投稿  fanblog  
 2019.4.12 更新  fanblog  
2020.3.28 更新    pp-audio
2020.8.7 更新    pp-audio

最近は、HI-Resoのオーディオが流行っているが、私の持ってるDAC関連機器は

・ 中古AVアンプDAC部  マランツ PS7300 96Khz 24bit(192KHz 24bit)
・ DigiFiNo.13付録DAC      Olasonic   96KHz 24bit
・ DigiFiNo.16付録DAC内蔵AMP  Olasonic  48KHz 16bit

とSPEC的にはたよりない。

 

そこでDAC購入の候補として(2018年当時)

●Topping  D30      13,500円
●SMSL  Sanskrit 6th 約8,000円 近所の中古屋さん
●Amulech AL-9628D   13,300円
●Topping  D10     約15,000円

以前Topping TP22を5,000円くらいで中古で買ったのですが、意外と音が良い印象でした。

 

それで、今回も同じ会社のDAC 「Tpopping D10」を購入する事にしました。

 

 

在庫切れに注意!

 

安くなるまで待とうと思ってたら2回ほど在庫切れになってしまい愕然とした事があった。半年くらい悩んでセールの文字に踊らされて思わず、ぽちりました。

この商品、人気なのか、発売後かなり経ったためか、品薄になってきているようです。

 

SPEC

最大サンプリング周波数:384KHz  DSD128
USBインターフェイス :XMOS XU208
DAC         :ESS ES9018K2M
OPアンプ        :OPA2134

電源入力:DC5V / 0.5A(USB電源)
入力:USB
デジタル出力:OPT / COAX
アナログ出力:LINE OUT

とりあえず、レビュー

音の解像度は期待どうりで96Khz24bitとの違いがわかります。

AudilvanaなどUPSAMPLINGしてくれる機能の付いたソフトで設定を行うと16bit 44.1KHzが384KHzまでアップサンプリングされます。

DSDにも対応しています。ただしソフト側ではボリュームを最大にしないとDSD再生できません。

関連記事:Topping D10 DSD再生 ーAudirvana編ー

 

DACとAMPはRCAピンケーブルでの接続がおすすめ!

私の場合、DACとAMPとの接続はLineOut端子からRCAピンケーブルでAMPと接続しています。

AMPはマランツ PS7300。AMP側にはSPDIFのOptical,Coaxialの端子があり、PS7300のAMP自身にもDACが搭載されているがフォーマット的には96KHzまでしか対応していません。

後日わかったのですが、PS7300のDAC-IC自体はは96KHzではなく192KHz 24bitまで対応してます。しかし、音声フォーマット的には96KHz 24bitまで対応。

従って、PS7300のSPDIF接続ではSPEC上Topping D10のDACの性能が発揮できなません。

そのため、DACとAMPの接続はRCAピンケーブル接続としました

私に限らずTopping D10を新しく購入した場合、Topping D10のDACの方がAMPのDACよりも高性能な事が多くDACとAMPはRCAピンケーブルでの接続がおすすめです。

 

OPアンプは交換可能

:OPA2134は交換可能なようで、すごく音が変わると聞いています。Poor Audioの私は、いつか交換してみたいとあこがれてるだけ。

 

気になった点

他のレビューでも書かれてるがMACやWindowsでdeep Sleep(深い眠り)状態から復帰した後、音が出ません。


パネルの表示が  「 .」 だけ光ってサンプリング周波数が表示されません。

対策:⇒電源がBus-PowerなのでSW付HUBを購入しました。中古800円+税なり。
表示が「 .」になったら、HUBのSWをOFF→ONするとたいがい治ります。

SWをONにして復帰するまでには数秒~10秒くらいかかります。
せっかちな人(私?)は、「切り替わらない」と思って、再度OFF/ONするとさらに待たされるので、少し待ってから使用するとよいです。

 
 


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました