Topping D10 レビュー

DAC

2018.11.9 投稿  fanblog  
 2019.4.12 更新  fanblog  
2020.3.28 更新    pp-audio
2020.8.7 更新    pp-audio
2020.11.5 更新  pp-audio

 

最近は、HI-Resoのオーディオが流行っているが、私の持ってるDAC関連機器は

・ 中古AVアンプDAC部  マランツ PS7300 96Khz 24bit(192KHz 24bit)
・ DigiFiNo.13付録DAC      Olasonic   96KHz 24bit
・ DigiFiNo.16付録DAC内蔵AMP  Olasonic  48KHz 16bit

とSPEC的にはたよりない。

 

そこでDAC購入の候補として(2018年当時)

●Topping  D30      13,500円
●SMSL  Sanskrit 6th 約8,000円 近所の中古屋さん
●Amulech AL-9628D   13,300円
●Topping  D10     約15,000円

以前Topping TP22を5,000円くらいで中古で買ったのですが、意外と音が良い印象でした。

 

それで、今回も同じ会社のDAC 「Tpopping D10」を購入する事にしました。

 

 

在庫切れに注意!

 

安くなるまで待とうと思ってたら2回ほど在庫切れになってしまい愕然とした事があった。半年くらい悩んでセールの文字に踊らされて思わず、ぽちりました。

この商品、人気なのか、発売後かなり経ったためか、品薄になってきているようです。

 

SPEC

最大サンプリング周波数:384KHz  DSD128
USBインターフェイス :XMOS XU208
DAC         :ESS ES9018K2M
OPアンプ        :OPA2134

電源入力:DC5V / 0.5A(USB電源)
入力:USB
デジタル出力:OPT / COAX
アナログ出力:LINE OUT

とりあえず、レビュー

筐体はオール・アルミ製で、フロントパネル部分は5mmの厚みです。

音の解像度は期待どうりで96KHz24bitとの違いがわかります。



AudilvanaなどUPSAMPLINGしてくれる機能の付いたソフトで設定を行うと16bit 44.1KHzが384KHzまでアップサンプリングされます。



DSDにも対応しています。ただしソフト側ではボリュームを最大にしないとDSD再生できません。

関連記事:Topping D10 DSD再生 ーAudirvana編ー

 

DACとAMPはRCAピンケーブルでの接続がおすすめ!

私の場合、DACとAMPとの接続はLineOut端子からRCAピンケーブルでAMPと接続しています。

AMPはマランツ PS7300。AMP側にはSPDIFのOptical,Coaxialの端子があり、PS7300のAMP自身にもDACが搭載されているがフォーマット的には96KHzまでしか対応していません。

後日わかったのですが、PS7300のDAC-IC自体はは96KHzではなく192KHz 24bitまで対応してます。しかし、音声フォーマット的には96KHz 24bitまで対応。

従って、PS7300のSPDIF接続ではSPEC上Topping D10のDACの性能が発揮できなません。

そのため、DACとAMPの接続はRCAピンケーブル接続としました

私に限らずTopping D10を新しく購入した場合、Topping D10のDACの方がAMPのDACよりも高性能な事が多くDACとAMPはRCAピンケーブルでの接続がおすすめです。

 

OPアンプは交換可能

OPアンプ:OPA2134は他の2回路入りOPアンプ交換可能なようで、すごく音が変わると聞いています。Poor Audioの私は、いつか交換してみたいとあこがれてるだけになりそうです。

 

ただ、OPEアンプは偽物も出回っていると聞きます。【スポンサーリンク】の2つの商品はどちらも標準のOPA2134と交換可能なOPA627AU デュアル の製品です。

チップICを2個使ってLとRの増幅をします。そのため、IC2個を裏と表に実装して8PINのソケットに差せるように変換基板が必要になってきます。写真ではシルク印刷が異なるので、怪しいのかなと思ったのですが?

 

全体に白いと青い基板があって、シルク印刷のデザインも違って、価格も異なるのですが、私の調査した限りでは同じ会社の物のようです。絶対という保証はありませんので購入の際は自己責任でお願します。

しろくま製作所のホームページのカテゴリー:OPAMPの中でも述べられていますが、OPアンプの真贋は刻印や外観だけでは、判断ができない事も多いそうで、別のOPEアンプで実際に偽物を買ってしまった例も書かれています。

 

しろくま製作所のホームページに次のような事も書かれてました。

100KHzや500KHz程度の高い周波数の矩形波を入力して波形のなまり具合を測定すれば、粗悪品≒偽物かどうか判断できるようです。

Pin間の抵抗値でOPA627の偽物判定できるようです

 

偽物でも性能が良いものってあるのかどうかはわかりませんが?

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

気になった点

他のレビューでも書かれてるがMACやWindowsでdeep Sleep(深い眠り)状態から復帰した後、音が出ません。


パネルの表示が  「 .」 だけ光ってサンプリング周波数が表示されません。

対策:⇒電源がBus-PowerなのでSW付HUBを購入しました。中古800円+税なり。
表示が「 .」になったら、HUBのSWをOFF→ONするとたいがい治ります。

SWをONにして復帰するまでには数秒~10秒くらいかかります。
せっかちな人(私?)は、「切り替わらない」と思って、再度OFF/ONするとさらに待たされるので、少し待ってから使用するとよいです。

 

後継機 Topping D10s DACが出ている

Topping D10はそろそろ入手困難になったようです。

Topping の公式ページ にも後継機のTopping D10sはありますがD10は掲載されていません。

 

DAC ICにはES9038Q2Mを採用しているようです。性能的にはSPEC UPしているようです。

 

分解写真などを見てみると、回路パターンはTopping D10の流用設計と思われ、部品点数は減っていますが、ブロックの配置、パターンが以前の物に比べて、綺麗じゃない気がします。(個人的な感想です)

 

【スポンサーリンク】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました