Amazonのなりすましメールが来た やり方が巧妙です

詐欺メール その他

数日前、以下のような文面のメールが届きました。
以前にも同様のメールが届いたことがあります。

一瞬、びくっとします。
お年寄りの方、PCの苦手な方なら、なおさらかと思われます。。

ニセAmazonからの詐欺メール

 

ドキッとしたら!なりすましメール、詐欺メールと疑え!

これ基本です!

しかし今回は、詐欺メールのような、そうでないような?

差出人はAmazon.co.jp
差出人の<>内は実際のリアルなメールアドレスで<info@no-reply.co.jp>となってます。

Amazon.co.jp ⇒ いかにもAmazonからの正式なメールのように思いました。

PCの得意な人でも、ちょっと気を許すとアカウントを変更するをクリックしてしまいそうです。

しかし、よくよく見ると、色んな、矛盾が見えてきました。

突っ込みどころ その1 @no-reply.co.jp って?

no-replyは送信専用のメールアドレスに使われることが多くあります。そのため、返信メールを送っても、無視されます。

Amazonからであれば、no-reply@amazon.co.jpになるのではないかと思います

ちなみにGoogleの例ではno-reply@accounts.google.com のような形で届いています。

今回の場合はinfono-reply.co.jp でドメイン名の一部になってます。

 

つまり@の後ろにno-reply があります。

これってなりすましメール、詐欺メール の類(たぐい)ですよね!

私の今まで見た中では一番巧妙です。(もっと巧妙なのは、すでに騙されており、気づいてないだけかもしれません)

Amazon.co.jpno-replyって文字があれば、ほとんどの人は信頼してしまいますよね。
私も含めて!その盲点をついた悪質なメールです。

 

突っ込みどころ その2 宛先が違う!

メールの手先が info@pp-audio.com となっています。

このメールアドレスは、私自身の運営管理する本サイトのお問い合わせ用アドレスです。

Amazonのアカウントはこのメールアドレスでは登録してません。なので、その1の@no-reply.co.jpの疑いも合わせると

100% なりすまし、詐欺メール です!

確信しました。やはり、

ドキッとしたら!なりすましメール、詐欺メールと疑え!

 

詐欺メールは、だんだん今日妙になってきましたね。そのうち私もだまされそう―!

実際は1度だまされました。

今回のメールではありませんが、以前APPLEを語るなりすましメールに引っ掛かってしまいました。トホホ........

以後毎週月曜日に、アダルト系メールや、○○が当たりましたメールが頻繁に入ってきてます。最近はかなり減っては来てますが、なかなか手ごわいです。しつこいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました