ブルートゥ―ススピーカー SONY SRS-XB01を使ってみて

SPEAKER
SONY SRS-XB01

前回、PoorなPure Audio(Site1)において、フレッツ光の契約更新でNTTのポイントが2000POINT追加されポイントがたまったため、ポイント交換商品としてSONY SRS-XB01を購入した記事を書きました。

今回は、その続編、商品レビューです。

 

この商品SONY SRS-XB01は2017-2018頃発売された商品です。

スポンサーリンク

外観

出典:https://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB01/index.html

 

このBluetoothスピーカー、ホワイトレッドイエローブラックブルーグリーンの6色のから選べます。私のポイントでGetした商品SONY SRS-XB01ホワイトです。

大きさは手のひらサイズで持ち運びに便利です。ストラップもついていて手首や木の小枝などに引っ掛ける事ができます。

 

本体上部には電源/ペアリング、音量+-、再生/スキップ/頭出しなどのボタンがあります。

本体右側には充電のためのUSB差込口、AUDIO IN端子、RESET穴などがあります。

本体後部のスリットの奥にはパッシブラジエーターがあります。私は最初スピーカーだと思ってました。

 

すべり止め

本体下部にはすべり止めが2個ついています。車のダッシュボードに乗せて使う事も出来ますが、そもそもカーステレオを持ってる方の場合は、BT(BlueTooth)スピーカーは音質的に不利ですが、ワイヤレス機能のないカーステレオで、携帯の音楽を聴きたい場合には便利です。

私の場合は、カーステレオのない軽トラックで使う事が多いです。
ただ、軽トラの乗り心地が悪くすべり止め以前に本体が飛び跳ねてしまいます。

乗り心地の悪い車で使う場合には、ストラップを使ったり、タオルを引いたりして飛び跳ね対策をする必要があります。

防水性能はJIS防水保護等級 IPX5相当

シャワーの水や水しぶきがかかる程度は大丈夫そうです。ただ過信は禁物です。

 

特徴

直径約37.5mm口径のフルレンジスピーカーユニットを搭載

私の口の大きさ(口径約4×5.5cm~5x8cm)より少し小さめです。屁理屈ですが、人間の口径とスピーカーの口径が近似しているので、人の声ははっきりかつ綺麗に聞こえます

仮に口径8cmもあれば、人間の声はスピーカーでかなり忠実に再現できるのかな?

なんて考えたりもします。

自論

3ウエイスピーカーは口径8cmのミッドレンジ=人間の声担当をベースに、人間の出せない低域を16~38cm口径のウーファーに、高域を口径2cm程のツイーターにまかせているのか?なんて考えたりもします。

さっき測ってみたら私が中学?高校生?の時に買ってもらったLo-Dの3ウエイスピーカーはミッドレンジのスピーカーの口径が10cmありました。ウーファーは30cmです。私の屁理屈、自論ではミッドレンジは口径8cmとの述べてましたが実際のスピーカーの1例は2cm大きい10cmでした。

人間の口の大きさ形を模したスピーカーなら5x8cmの縦長小判型スピーカーが最も人の声に近づけるかも?なんて考えたりもします。

 

本体背面に低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を配置

SONY SRS-XB01はパッシブラジエーターを装備しているとはいえ、口径4cm程度です。低域を増強し音圧を上げる事はできても、低い周波数を再現・再生する事は難しいのではなかろうか?と思います。

ポータブルのワイヤレススピーカーにそこまで望むのは酷な話です。

音の印象

人の声が聴きやすく、スピーカーの近くで音楽を聴くためか新たな音の発見もあります。構えて聞く音楽鑑賞よりもリラックスできるし寝転んでも聴けます。

低音は本体の大きさから想像できますが、パッシブラジエーターを装備してもそれほど出てるとは感じません。少し口径8cm、容積の大きいAmazon エコードット4世代と比較してしまうと、低域は物足りなさを感じます。

ー訂正ー

Amazon エコードット第4世代のスピーカーは口径8cmではなく1.6インチ≒40mmが1発の間違いでした。約37.5mm(SONY)と約40mm(Amazon)でほぼ同じ口径にも関わらずSONY よりもAmazon エコードット4世代の方がしっかり低域が出ており(低域が)聴きやすいです。

SONY SRS-XB01は低域が出ないのは仕方ないですが楽曲によっては低音が少し聴きづらい感じがしました。

訂正終わり

SPEC的にはそれほど高性能ではありません。しかし、それはそれなりに良い所もあります。

Lo-Fi バンザイ!

 

ニアフィールド再生の良い所

今まで聞こえていなかった音の発見

SONY SRS-XB01手のひらサイズで小ぶりなのもあって、自分の身の回り半径1~2m以内で使うケースも多くあります。

すると、聞きなれていた曲でも、新しい発見があります。歌い手の息継ぎ、息使いやバックで流れる演奏に気づくことがありました。

ニアフィールド再生の良い所です。

究極のニアフィールド再生はヘッドフォン、ブルートゥース イヤホンなどです。オーディオルームでスピーカーから2m以上離れて音楽を聴いている環境より、音の減衰、反射等が無く、圧倒的に情報量が多いんですが、個人的には、耳に密着するのであまり好きではありません。大音量で視聴すると難聴や耳を傷める場合もあります。

おやすみの際のBGMにちょうど良い

スピーカーとの距離感や音量がどちらも手元で加減出来て便利です。好みの音量、距離感にしておやすみの際のBGMに使えます。

おやすみ時は基本小音量です。メインのオーディオ機器では小音量の再生は苦手です。私の持つElac CL310 JET Audio Editionは能率も悪いので、小音量の再生はポータブル・ワイヤレススピーカーの方に分があります。

 

ちょっと気になる所

バッテリーの残量が確認できない

残量が確認できないので

  • あとどのくらい使用できるのかわからない
  • いつ充電すればよいのかわからない

という懸念があります。

 

SONY SRS-XB01は通常使用で6時間くらい持つと仕様書にあります。

ニッケル水素電池の充電の目安は使用可能時間の2/3程度使用してから充電するとバッテリーに負担が少ないようなので、SONY SRS-XB01なら4時間使って充電!を目安にすればよいでしょう。

 

まとめ

私はどうしても機器の性能に目が行ってしまいがちなのですが、使い方、使う環境、音量、距離感によってはLo-Fi機器の方がHi-Fi環境よりもしっくりきます。

むしろLo-Fiの方が心地よく、音がいい場合もある

と感じた1品、SONY SRS-XB01です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました