DS Audioの光カートリッジ、動画でレコードの原理も少しわかった気がする

RECORD/PLAYER

EdgeのTOP画面の広告に光カートリッジの広告がでており、興味があったので、ポチっとクリックしてみました。もしかして、当ブログを見てくださってる方の画面にも「光を使ったレコード針」「世界唯一のレコード針」のキャッチフレーズで広告が出ているかもしれません。

 

光と言うと「針の無い非接触型のカートリッジ」、「デジタル出力ではないか」とのイメージが浮かびそうです。DS Audioの光カートリッジは針があって、レーコードの溝に接触して、アナログ出力される事がわかりました。

30分の動画で詳しく説明されてます。

動画をみて、自分なりに理解した点のご紹介です。

 

MM/MCカートリッジ

一般的なカートリッジでの電気信号の取り出しは、電気と磁気の性質を利用しています。
可動部品であるカンチレバーにはマグネット(MM型、MovingMagnet型)またはコイル(MC型、MovingCoil型)を接着し、固定部品のマグネットから出る磁界中をカンチレバーが動くことによって発生した電気信号をPICKUPして(ひろって)増幅しています。速度比例型カートリッジと呼んでました。

 

磁気、磁界を利用した発電では磁界を高速に切る=高速に移動すると高い電圧が発生します。

振幅(レベル、溝幅)が同じ信号であれば、低い周波数に対して低出力、高い周波数に対しては高出力が発生するので再生時にフラットな周波数特性にするには、低い周波数ではレベルを上げ、高い周波数ではレベルを下げる補正が必要になってきます。その差は100倍くらいになるそうです。一般に知られるRIAA特性の事です。

 

光カートリッジの原理

光カートリッジでの電気信号の取り出しは光と電気の性質を利用しています。
可動部品カンチレバーには遮蔽板がついています。遮蔽版は100μm程度の薄くて軽いものです。固定部品LED光源光センサー(太陽電池に例えていました)があって、レコード溝の振幅に応じて遮蔽板はLED光源からの光を遮る(さえぎる)形となります。さえぎる度合いを光センサーでアナログの電気信号に変えています。出力電圧がレコード溝の振幅に比例して大きくなるため光カートリッジは振幅比例型カートリッジと動画では呼んでました。低域と高域の出力の差は3~10倍程度です。MC/MMカートリッジと同様に周波数に対する信号レベルを専用イコライザーで補正しています。

 

Lチャンネル、Rチャンネルの音声信号の取り出し方や原理などにも触れていましたが、言葉では説明しづらいので省略します。(いずれ、また?)

 

専用イコライザーが必要

光カートリッジDS0036/15発売予定です。

話は横道にそれますが6月15日と言えば、

 

 


 

先ほど述べてるように光カートリッジには専用のイコライザーが必要となります。

光カートリッジの出力レベル、周波数特性は、MM/MCカートリッジの出力レベル、周波数特性とは全く異なるため従来のフォノイコライザーは使用できません。

それ以前に、光カートリッジでは光源(LED)が必要なのでLEDを光らせるための電源が必要です。従来のフォノイコライザーでは電源を供給する事すらできません。

.

コメント

タイトルとURLをコピーしました