MARANTZ PS7300のMULTI ROOM機能

AMP

AVアンプ MARANTZ PS7300にはMULTI ROOM機能が付いてます。

MULTI ROOM機能とは

AVアンプPS7300をコントロールアンプとして使い、別室にあるアンプの音源として転送するような機能です。これにより、2つの音源を別々に、それぞれの部屋で聴くことができます。

音源1はPS7300に接続したスピーカーで視聴します。

音源2はMULTI ROOM機能を使って専用の出力端子よりアンプ2の入力され、アンプ2の接続したスピーカーで視聴します。

PS700とアンプ2を別々の部屋に設置する事により、例えばPS7300をオーディオ専用室ではTUNERでFM放送を聴き、アンプ2を寝室においてAUXでネットオーディオを楽しむ。なんてことも可能です。

ネット・オーディオなら、手持ちの携帯をリモコン代わりに使う事も出来、「寝室がオーディオ機器でごちゃごちゃして落ち着かない」ような方にはアンプとスピーカーだけ設置すればよいので、寝室内がシンプルになりいいかもしれません。

私の場合は、同じ部屋にPS7300とアンプ2、2組のスピーカーを設置してシステムの聴き比べなどをしています。1度配線してしまえば、音源がワンタッチで切り替えられるので、アンプとスピーカーセットでの聞き比べが簡単にできます。アンプとスピーカーの組み合わせ、相性のチェクにも使えそうです。

PoorなPure Audio: AVアンプ マランツ PS7300
PureAudioならぬpoor(貧乏)なオーディオマニアです。元々はPureAudio派でしたが、最近は中古、中華AMPに足を突っ込んでます。

なお、音源1=音源2と同じ音源を使ってPS7300とアンプ2の両方のスピーカーを鳴らすことも可能です。

MULTI ROOM機能は電源をOFF(STANBY)にしても一部の回路は通電している。

POWER ON時

POWER OFF時

最近知った事なのですが、MULTI ROOM機能を使っている場合、リモコンでPOWER OFFにしても信号系(プリアンプ部分)だけは生きているようです。電力を消費するパワーアンプ部はOFFになって、省エネにもなりそうです。ディスプレーには MULTI の文字だけが光ります。

準備と操作

出力端子接続

MULTI ROOM専用の出力端子が設けられています。音源2の出力端子としてMULTI OUTのRCAピン端子とアンプ2の入力端子をRCAピンケーブルで接続します。

操作

PS7300本体のMULTI ROOMのボタンを押すと

SELECT SOURCE と聞いてくるので
MULTI ROOMで聴きたい音源を選択

音源の出力レベルを本体またはリモコンのボリュームで指定する

PS7300の機能の豊富さに改めて感心しました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました