使い方が間違っていたようだ!レコードプレイヤー用水準器

Accessories
レコ―ドプレーヤー用水準器

ブログがネタ切れに気味なってきたので、ネタ探しに私専用の物置部屋(私の昔使っていた勉強部屋)にネタを探しに行きました。

こんなものを発見

レコードプレーヤー用の水準器です。SUPEXというブランドの商品です。このブランド、会社は今は存在しないようです。当時で2,000円の商品です。

レコードプレーヤーは、水平な場所に置いて使用する事が必要です。水平がとれていないと、左右の音のバランスが変わってしまったり、針飛びがしやすくなるのは何となく予想できます。角度10度くらいの傾きででどのくらいの影響が出るかはわかりませんが、水平は意外と大事です。

水平と言えば、田植えをする際に圃場(ほじょう)をトラクターで水平にする作業があるのですが、これがなかなか思い道理に行きません。土が水面の上に出てしまっているところや、常に他よりも低くて、水はけが悪かったりと、問題が多く。完璧な圃場はなかなか作る事ができません。

正面

裏面

側面

水準器の裏面に穴が開いている

数十年前に使っていたアクセサリーですが、穴が開いているのを認識したのは、今回が初めてです。

穴が開いているという事は、……….

そうです。

センタースピンドルにはめ込んで水平をとることができるんです!

今までは、レコードプレーヤ上の適当な場所に置いて使っていました。どうやら、間違った使い方をしていたようです。間違ったまではいかなくとも、センタースピンドルに取り付けて使った方が、より良いように思います。

 

少しうれしくなって、水準器をセンタースピンドルにはめ込んでみると、

ガタがある。隙間がある。斜めになってる。

センタースピンドルが高すぎて(水準器の穴の深さが少なすぎて)レコード盤と水準器が密着できていません。

仕方がないのでドーナツ盤、45回転EP用のアダプターをのせ、その上に水準器をのせて使ってみました。

 

プレイヤー水平の重要ポイント

説明書きの中の「プレイヤー水平の重要ポイント」として以下のように書かれています。

●ラテラルバランスもプレーヤーが水平でなければ完全調整はできません。

●インサイドフォースキャンセラーもプレーヤーが完全に水平でないと調整をしても不安定になり、レコードを損傷させる原因にもなります。

●プレーヤーの水平がとれていない場合、針先の方べりを起こし、レコードを損傷させます。

 

ラテラルバランスとインサイドフォースキャンセラー

今、私の所有するレコードプレーヤー aiwa PX-E800は初心者、入門向けの商品でなので、ラテラルバランス」、インサイドフォースキャンセラーなどは調整する術のない機種です。針圧の調整機能も付いていません。

 

ラテラルバランス」とか「インサイドフォースキャンセラー」とかいう専門用語がかかれてます。昔、聞いたことはありますが説明せよと言われても自信がありません。

 

調べた結果をざっくりいうと、ラテラルバランスはトーンアームの左右方向の傾き調整、インサイドフォースキャンセラーはレコード盤の溝の内側に針が押し付ける力を打ち消す機能のことで、どちらも必要のない力が針先やレコードの溝にかかって、レコード盤、針先を痛めたり、音に影響が出ないように工夫された調整や機能のことです。

 

そもそもが、ラテラルバランスインサイドフォースキャンセラーもレコードプレイヤーの水平がきちっととれてないと調整しても意味がありません。

そこで、レコードプレイヤー用水準器の出番という事です。

 

最近の水準器は高機能です。スタビライザーとしても使えて、ストロボスコープのようにレコード盤の回転数の安定性確認もできるようです。1台3役の高機能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました