出力端子が足りない、HDMI分配器の検討と購入

Accessories
HDMI出力端子が足りない

我が家のホームシアターでは、ケーブルTVの映画を見るケースがほとんどです。

普段は、32インチのTVで映画を見ていますが、これぞと思う映画の場合にはプロジェクターを使って100インチの大画面で見ています。

だだ、ケーブルTVのセットトップボックス(STB)にはHDMI出力は1系統しかありません。

出力端子が足りない!

そんな時に便利なのがHDMI分配器です。

HDMIスプリッターとも呼ばれます。

 

 

スポンサーリンク

従来は

STBのHDMI出力は通常TVにつなげています。プロジェクターで映画を見る場合には以下のように毎回ケーブルをつなぎ替えています。

  1. STB出力端子とTVにつながっているHDMIケーブルを外す。
  2. プロジェクターにつながっているHDMIケーブルをSTBの出力端子に接続する。

毎回こんなことをやっているのは、面倒です。

プロジェクターを導入してすぐに不便に感じていたのですが、やっと、改善に乗り出しました。

 

HDMI分配器を導入すると

STBからは常時2つの信号が出力されるので、ケーブルのつなぎ変えが不要となります。

 

購入時のチェックポイント

2出力以上で同時出力

今回はTVとプロジェクターどちらも使える事が条件です。

切替え式のHDMI機器もありますが、私の場合はリモコンでいちいち切り替えるのが面倒。

リモコンの電池か切れた場合、交換電池がないと何も操作ができない機種もありそうなのでHDMI出力は2個共出力される機種にしました。

 

万一の電力不足解消に外部電源も対応

同時出力の場合は、送信電力、ドライブ能力も2倍必要になります。HDMIの回路がどのくらい電力が必要なのかは、正直解っていないのですが、2個同時出力の場合、送信元の信号を2分配するので性能の悪いHDMIケーブルや分配器を使うと、受信側まで信号が正確に伝わらない事もあり得そうです。


余談ですが、似たような話で、Microsoft サーフェスなどの、省電力のPCに DVDドライブ外付けする場合など、電力不足でDVDが読み込みできなかったり、DVDドライブにPCの対応機種から除外されているものもあります。

そのような場合には、外部電源を使えるDVDドライブがあったり、USBケーブルを2個使ってPCに接続するDVDドライブもあります。


 

プロジェクターとケーブルTVのSTB(セットトップボックス)をつなぐHDMIケーブルは10m以上あるので、HDMI分配器のドライブ能力も気になります。

そのため、外部電源も対応したHDMI分配器は今回はマスト(必須)です。

 

 

最後に

早速、手配をかけました。価格が思った以上に安いので、大ジョウブかな?と思ってしまいます。

到着してからのお楽しみです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました