デジタルオシロスコープQUIMAT Q15001 使い方で知らなかったこと

その他

以前からオシロスコープが欲しかったのだが、当時は高価でなかなか手が手が出ませんでした。

数年前に初めてオシロスコープを購入しました。中国のおかげ!日本製だとこれほども安価には製造販売できないでしょう。問い合わせ、サポート、メンテや、故障修理、補償に関してはJapanブランド、日本製には劣るかもしれませんが、私のようなPoorなマニアにとってはありがたいことです。

わたしの持ってるデジタルオシロスコープの型番と仕様は下記の通り。

DSOオシロスコープ
QUIMAT Q15001
帯域:0-200KHz
電圧:  5mV~20V/DIV
時間:10μs~500s/DIV
付属品:プローブ付
電源:9V DC (別途手配が必要)

 

電源は9Vですが、ケーブル、アダプタとも付属してませんので、注意が必要です。

 

注文時の注意!

出力は5V、9V、12Vのうち9Vを選択。
(間違って9V以外のものを選択しないように!)

私の場合、モバイルバッテリーのUSB出力から9Vに変換するアダプターを購入しました。USBの5V出力があればよいので、携帯の十塩基からも電源を取ることもできます。

 

マニュアルが英語だし、細かくは書かれてないようで初めてデジタルオシロを使う人間にとっては戸惑う所もありました。

知らなかったこと

電圧0Vの位置、水平ラインの調整

  1. 画面上 ○○V の文字枠が消えるまで V/DIV ボタンを1、2回押す。
  2. 文字枠が消えると水平方向の矢印が (黄色) から (水色)に変わる。
  3. ADJ ダイヤルを回転すると、矢印が上下するので、調整して波形の見やすいい位置へ移動する。
  4. 調整が終わったら、もう一度 V/DIV ボタンを押す。

TRIGGERの操作

TRIGGERとは直訳すると引き金

オシロの世界では、ある電圧が入ると波形観測がスタートするようなイメージです。ある電圧=トリガー電圧は可変できます。

どうゆう時に、どう使っていいのか今一、わかってない点も多いのですが!通常はAUTOモードで使ってます。

トリガー電圧の変更

  1. 画面上 ○○V の文字枠が消えるまで TRIGGER ボタンを1、2回押す。
  2. 文字枠が消えると水平方向の矢印が (紫色) から (水色)に変わる。
  3. ADJダイヤルを回転すると、矢印が上下するので、調整して波形の見やすいい位置へ移動する。
  4. 調整が終わったら、もう一度  TRIGGER ボタンを押す。

 

TRIGGERボタンを押しダイヤルを回すと、

AUTO Sing NORM の3つのモードに切り替える事ができます。

NORMはどう使えばいいかわかりません?

使用例:

TRIGGERをSingSingle)にして、指定したトリガー電圧に達すると、波形が静止した状態で記録されます。

波形を止めたい時

波形は時間とともに変化します。電圧の値を読もうとした場合、波形が動いていると目分量になってしまい、誤差も多くなります。

そんなときは

  1. OK ボタンを押す。
  2. 画面左上のRunningHOLDになり静止した波形をみれる。
  3. もう1度 OK ボタンをおすと静止した波形は解除される。

 

波形全体を細かく見たい時

  1. OK ボタンを押し波形を静止する。
  2. SEC/DIV ボタンを押し○○msの枠を消す
  3. ADJ ダイヤルを回すと時間軸が移動し、任意の時間の波形を見ることができる。

ただし、記録できる時間には限りがあります。

記録した時間と、今みている時間(窓)は画面上の棒状のグラフで確認できます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました