太陽光発電のコストを試算してみた

日記・今日の1枚

ニュースや新聞で「太陽光発電のコストが原子力発電よりも安い」と報じられていました。7月12日、経済産業省が2030年時点の各電源の発電コストの新たな試算を示したものです。

 

これによると、2030年には、1KWhの発電コストは

原子力発電11円台後半~

事業用の太陽光発電が8円台前半~11円台後半

住宅用の太陽光発電が9円台後半~14円台前半

となり、事業用の太陽光発電が原子力発電よりも発電コストが低くなると試算されてます。

我が家の電気料金

 

写真は直近1年間の電気料金ですが。年間32万円払ってます。「一般的な家庭の2倍近く電気を使ってます」という通知が以前来ていました。

ちなみに表には載せてませんが、さらに1年前の電気料金は年間で約14,700KWh、約39万6000円と40万円近くかかってました。

直近1年間の電気代が安くなったのは契約の見直しによるものなのか?気候の影響で電気の使用量が減ったためなのかは定かではありませんが、前の1年間に比べて40万円➡32万円と年間約8万円の削減となりました。

我が家の年間の電力使用量は13,199KWh。

 

取り留めもない試算をしてみました

住宅用の太陽光発電で今と同じ電力13,199KWhををまかなえたとして、2030年時点でのコストが9.5円~14.5円/KWhとすると、太陽光発電なら年間約125,000~191,000円のコストと言う計算になります。

年間32万円電気代がかかっているので、単純な考えでは太陽光発電を導入すれば、我が家の場合現在の約半分のコストになりそうです

極端な言い方をすれば太陽光発電の設置(+維持管理)に年32万円までの出費で済めば損はしないという事になりそうです。

余った電気は売電する事によってさらに実質コストが下がります。

太陽光発電設備が仮に200万円、10年で償却(または壊れる)と仮定すると200÷10=20万円/年。

私の仮定、資産が正しければ、今よりも出費が減り余裕のようにも思えます。

あくまでも、私の資産を試算しての仮定の話です。

普段の電気料金を下げて太陽光を無料で設置【ソーラーリーシング(ジャパン電力)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました