Audirvana3.5 アルバムアートワークが表示されないのは

NET-AUDIO
Audilvana(Ver.3.5)
スポンサーリンク

MAC Audirvanaで音楽ファイルの参照フォルダを変更したところ、アルバムや曲目が反映されないのはなぜ?

音楽プレイヤー、管理ソフトのAudirvanaでは音楽ファイルの入ったフォルダを指定する事が出来ます。Audirvanaに限らず、fooberやTuneBrowserでも参照フォルダの指定ができます。指定したフォルダ内の音楽をデータベースを使って管理しています。

 

今回、音楽専用のPC(TuneBrowser、foober2000、iTuneと音楽ファイルが言っている)が不調なため、MAC Audirvanaが参照するフォルダをNASに変更する事にしました。NASの外付けHDDを参照するよう設定しました。

ところが、アートワークやアルバム名、曲名が全く表示されません。
以前からの曲、さらに確認してみるとiTune Storeで買った曲が表示されるだけです。
CDの曲をflacで取り込んだファイルは1曲も表示されません。

なぜなんだろう?

確認、いろいろ試してみる

「Audirvana Plus(ver.3.2)」と「Audirvana(ver.3.5)」をごっちゃに使っている

今まであまり考えずに使っていましたが、ここ数年、Audirvanaにはおおむね3つの製品があります。

Audirvana Plus(ver.3.2) 2017~

Audirvana(ver.3.5)  2019.4~

Audirvana Studio    2021.5~ ライセンスが永年から定期購入に変更されました。

メールの記録を見ると、私は2018年よりAudivana Plusを使用しています。Audirvana PlusAudirvanaのアイコンが2種類あるのは知っていました。Audirvana PlusAudirvanaは見かけが全く違い、バージョンも違うのですが、時代の後先も気にせず、取りあえず使っていました。

Plusの名前に惑わされて、Audirvana Plusの方が後発でAudivanaの方が古いと思ってしまいます。

 

データベースの確認

Audirvana(Ver3.5)ではデータベースを使って、曲名やアルバム名、ファイル名などを管理しています。
Audirvana(Ver3.5)でのデータベースのパスは
/users/ユーザー名/Lirary/Application Support/Audilvana/AudirvanaPlusDatabaseV2.sqlite

 

パスの一部に前のバージョンのAudirvanaPlusの文字が含まれているのが気になります。

 

「Audirvana Plus(ver.3.2)」から「Audirvana(ver.3.5)」

 

 

ちなみに、Audirvana Plus(ver.3.2)でのデータベースのパスは
/users/ユーザー名/Lirary/Application Support/Audilvana ←以下不明

 

フィルターがかかっている

これも、イマイチ使い方がわかってなかったのですが、画面に フィルタ(1)と表示されています。

 

その右側にごみ箱のマークとか、フィルタを追加の文字があります。

 

 

 

ここで、ごみ箱のマークをクリックするとフィルタの数(1)が消えて フィルタフィルタを追加だけが残ります。

その後は、全てのアルバムが表示できるようになりました。
わかっているようで、わからずに使っていたようです。

 

結論

意図したアルバムやアーティストが表示されない場合
フィルターアーティスト名や、アルバム名でフィルターがかかっている可能性が高い。
ソフトのバグでも、設定の間違いでもなかったようです。
私自身が単にフィルター機能の意味、使い方がわかっていなかったためのようです。
ただ、フィルター機能には癖があるようで、私にはまだ思うように動かない事があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました