22.2CHサラウンドってなんだ

HOME-THEATER

NHKのBS4Kを久しぶりに見ました。

すると、画面に22.2chの表示がされてます。

スポンサーリンク

22.2chってなんだ!

想像できることは、

スピーカーが合計22個+サブウーファーが前後合計2個かな?

という事くらいです。

スピーカーを22個も設置するとスペースもコストも大変なことになりそうです。1個1万円のスピーカーだとしても22個+2個だと24万円。

1個5万円位の中・高級スピーカーなら120万円。これなら自慢できる高級スピーカーが1組買えてしまいます。そこまでして、家庭で22.2ch再生する必要もないように、思ってしまいます。

スピーカーの配置

一般社団法人映像配信高度化機構の「22.2ch高臨場感音響システム導入のための手引き」2019年9月によると、22個のスピーカーは上層に9個、中層に10個、下層に3個使用しています。
サブウーハーは下層の前方な左右2個使用してます。

 

出典:NHK「8Kスーパーハイビジョン音響制作システムの開発と標準化動向」

スピーカーの配置角度

細かな制約や許容範囲があるようですが、リスニングポイントを中心に

上層はは45°間隔で8個

中層は7ch再生時+真横2個+真後ろ1個の間隔で計10個

ラインアレイスピーカー

スピーカーを22+2個も設置するには、部屋のスペースも、コストもかかります。解決策の一つとしてラインアレイスピーカーという物があるようです。

出典 マイナビニュースより

 

シャープのサラウンドバー8A-C22CX1では3ウエイ10スピーカーで22.2ch入力対応をしているようです。22+2個のスピーカーが物理的にある訳ではありません。純粋な22.2chではなく、疑似的に22.2chの音場を再現しているのだろうと思われます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました