1bitデジタルアンプを調べていたらリリックスピーカーにたどり着いた

AMP
Gerd AltmannによるPixabayからの画像

デジタルアンプには2種類ある

デジタルアンプと言われるものには2種類あります。

1つは、PWM方式(パルス幅変調)D級アンプなどと呼ばれるもの。もう1つはPDM方式(パルス密度変調)1bitデジタルアンプなどと呼ばれるものです。一般にはPWM方式のデジタルアンプが大多数を占めます。

1bitデジタルアンプ と言えば私の所有するSHARPの1bitデジタルアンプ搭載のシステムコンポSD-XS503の音がメインのオーディオシステムよりもいい音していた事もあって、1bitアンプにには前々から興味があります。なにげに、NETをみているとNmodeブランドから1bitデジタルアンプが発売されてます。

このブランドは前々から名前だけは知っていました。ただそれほど興味はありませんでした。

NmodeブランドのLyric、株式会社リリック について

Nmodeの情報を調べていたら、株式会社リリックのブランドとわかりました。

株式会社リリックは、オーディオアンプを開発・販売する音響メーカーです。
2008年5月に設立。布村氏がシャープを定年退職後立ち上げたブランドです。
1999年布村氏はSHARP時代に「SX100などの1bitアンプを手掛ける。」とホームぺージの会社概要、企業沿革に書かれてました。

リリック|オーディオアンプ・D/Aコンバーター – Nmode 公式サイト

株式会社リリックとSHARP、つながりましたネ

私的には、すごーく納得。私の希望的予想が半分くらい的中した感じです。

私の確認した限りではSHARPと株式会社リリックの製品以外で1bitデジタルアンプを出しているメーカーはなさそうです。

株式会社リリックはリリックスピーカーと関係あるのかな?

リリックスピーカーはCOTODAMA社の製品でした。

株式会社リリックはリリックスピーカーと関係なかったです。こちらに関して、私の予想は大ハズレでした。なので、1bitデジタルアンプは採用されてません。でも気になるスピーカーであることに変わりはありません。

リリックスピーカーは、音と映像、歌詞がリンクしたスピーカーシステムです。歌詞は五感に訴えかけるような表現で表示されます。

音と光が饗宴する点でバルミューダのBALMUDA The Speker と方向性としては若干ですけど似ているスピーカーです。

リリックスピーカーは数年前、三代目Jsoul brothersの誰かがメンバーの誕生日にプレゼントしたとか、TVでやってました。(情報が乏しくて申し訳ないです)

初代Lyric Speakerは生産終了で、現在はリリックスピーカー・キャンパスが販売されてます。

リリックスピーカー・キャンパスの仕様を見るとフルレンジのスピーカーと3インチ(約76mm)のウーファ―の計2基を装備してるので、BALMUDA The Speker77mmフルレンジ1発よりリリックスピーカー・キャンパスの方が若干、音圧・迫力がありそうに想像できます。個人的な想像です。

リリックスピーカー・キャンパスの主な仕様

スピーカー フルレンジスピーカー, 3”ウーファー
最大出力 合計32W (12W x1, 20W x1)
周波数 40Hz ~ 20kHz

と思ってたら、低域は40Hzから出ている。どんな音なんだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました